NGC、NCSおよびPMGは、泰星コイン株式会社を日本での公式提出センターとして任命する

評判の高い日本の会社が収集物を送り、情報を提供します。

Numismatic Guaranty Corporation® (NGC®)Numismatic Conservation Services® (NCS®)およびPaper Money Guaranty® (PMG®)は、日本の貨幣収集のトップ企業である泰星コイン株式会社を公式提出センターとして任命しました。

Taisei Coins Corporation

 

東京を拠点とする創業50年のこの会社は、収集物を引き取り、NGC、NCSおよびPMGに提出します。 泰星は、会社のサービスとメリットに関する質問に答えることができます。

NGCは、収集コイン、貨幣、メダルの認証、等級付けおよびカプセル化サービスの一流の第三者機関です。 1987年に創立したNGCは、4400万個以上の収集物の等級付けを行ってきました。

2005年に創設されたPMGは、収集紙幣について同様のサービスを提供しています。 PMGは400万以上の紙幣の等級付けを行ってきました。

NCSは収集コイン、貨幣、メダルの専門的な保存サービスを行っています。 NCSは過去18年間で、100万個以上のコインの保存を行ってきました。



NGCの認証を受けたコインおよびPMGの認証を受けた紙幣は、真正性と等級付けに関する会社の包括的な保証を受けることになり、これにより消費者に対して一層の保護を提供します。 これらの保証は、鑑定専門家の専門知識と経験と相まって、買い手の信頼を高めて、結果としてNGCの認証を受けたコインやPMGの認証を受けた紙幣が高値で取引され、高い流動性を持たせます。

NGC、NCSおよびPMGは、会社のCertified Collectibles Group® (CCG®)の独立した会員です。

「泰星のような由緒ある会社が公式提出センターになることを誇りに思います」とCCGのCEOであるSteven R. Eichenbaum氏は述べています。 「泰星と共に、日本でコインおよび紙幣収集の役に立てることを楽しみにしています。」

泰星コイン株式会社の代表取締役社長である岡政博氏は、CCG社の専門サービスの助けを受けながら日本の貨幣収集に対して大きなメリットを期待していると述べています。

「泰星とCCGは長い期間にわたって共に働いてきたため、当社の顧客はNGCとPMGの等級付けサービスの専門知識と忠実性を信頼しています」と岡氏は述べています。 「CCGの公式提出センターとして任命されたことは、光栄なことです。」

「当社は引き続き、日本の貨幣収集コミュニティのために緊密に働いていきます。」

泰星コインは、収集品を会社の本部に送り、鑑定、等級付け、カプセル化、そしてもし依頼されるなら、保存を行います。 いったん完了すれば、提出物は泰星に戻され、次いで提出者に返却されます。

CCGが世界中のコレクターやディーラーからの増大する需要を満たすために国際的に、かつ急速に拡大する中で、泰星コインは公式提出センターになります。 CCGは、上海、香港、ロンドン、ミュンヘンに事務所を持ち、世界中の15ヶ所に公式提出センターを持っています。 泰星コインは、NGC、NCSおよびPMGの日本で3番目の公式提出センターです。 ワールドコインズジャパンは2015年に指名され、ダルマインターナショナルギャラリーは2018年に任命されました。

泰星コインは、現代コインとビンテージコインの両方を取り扱っており、日本の大手紙幣収集会社の一つです。 1967年に創立したこの会社は、コインの収集、とりわけ西洋のコインを、日本の人々に紹介する上で重要な役割を果たしてきました。そして、貨幣収集をいつまでも続く日本文化の一部としてきました。

1971年以降、貨幣収集雑誌「泰星マンスリー」を出版してきました。 この出版物は、日本のこの分野での数少ない雑誌の1つです。 泰星コインはさらに、いくつかの影響のある貨幣収集書籍、例えばR.S. Yeoman著「近代世界コインのカタログ」(Whitman Publishing)の日本語訳を出版しました。

泰星コインは、英国王立造幣局、フランスのパリ造幣局、中国金幣総公司を含む多くの主要海外造幣局の公式日本代理店です。

コインオークションへの関わりは、1988年に英国に本拠を置く有名なSpink & Son Ltd.と共同販売を行った時までさかのぼり、2011年以降、オークションが事業の重要な一部になっています。 オークション部門が、2017年に泰星コインの系列会社である泰星オークションとなりました。

今日、泰星は東京国際コイン・コンヴェンション (TICC) で毎年、大規模な公売を開いており、オンラインのオークションについては通年行っています。 今年30周年を迎えた日本で最大のコインショーであるTICCは、泰星コインの創業者であり、日本貨幣商協同組合の会長であった岡政道氏が考案したものでした。 彼が、会社の現在の代表取締役社長の父です。

泰星コインのさらに詳しい情報については、taiseicoins.comをご覧になるか、03-3590-8222に電話してください。

Numismatic Guaranty Corporation® (NGC®)について:

NGCは、世界最大で最も信頼されている第三者コイン、貨幣、メダル等級付けサービスで、これまでに4400万個の収集物を認定してきました。 1987年に創立したNGCは、真正性と等級付けの正確で一貫した、公平な評価を行っています。 公平性を確保するために、NGCではコインを購入、販売せずせず、専任の鑑定専門家は、市販のコインを購入、販売することを禁じられています。さらに、コンサルタントが自分たちの提出物に対する等級付けに影響を与えることがないよう厳しい手順が実施されています。 NGCが認定するコインはすべて、真正性と等級付けの点で包括的なNGC保証により裏付けられています。これは、世界中のコレクターとディーラーにとって信頼性と価値を高めるものになっています。 詳細については、NGCcoin.hkをご覧ください。

Numismatic Conservation Services™ (NCS®)について:

NCSは2001年に、世界で最初の専門的なコイン保存サービスとして設立されました。 NCSは安全な独自技術を使って、有害な表面汚染物質を除去し、コインの表面を安定させ、保護し、コインの見た目を向上させます。 NCSは100万個以上のコインを専門的に保存してきました。その中には、最も有名なコレクションや沈没船から見つかったコインも含まれています。 詳細については、NGCcoin.hk/NCSをご覧ください。

Paper Money Guaranty® (PMG®)について:

2005年に創立したPMGは、世界最大で最も信頼されている第三者紙幣等級付けサービスで、これまでに400万枚の紙幣を認定してきました。 公平性を確保するために、PMGでは紙幣を購入、販売せず、専任の鑑定専門家は、市販の紙幣を購入、販売することを禁じられています。さらに、コンサルタントが自分たちの提出物に対する等級付けに影響を与えることがないよう厳しい手順が実施されています。 PMGが認定する紙幣はすべて、真正性と等級付けの点で包括的なPMG保証により裏付けられています。これは、世界中のコレクターとディーラーにとって信頼性と価値を高めるものになっています。 詳細については、PMGnotes.hkをご覧ください。